男性

接し方を知ってうつ病患者と向き合う|大切な人を傷付けない

  1. ホーム
  2. 近すぎず遠すぎず

近すぎず遠すぎず

ウーマン

うつ病の接し方と聞くと「頑張って」と言わない、見守るなどを挙げる人が大多数でしょう。メディアなどでもそのように扱われてきた影響もあります。しかしうつ病になったからといって、突然接し方を変えてしまうのは実は危険なことです。もちろん病気の関係で、以前はできていたことができなくなるなどの症状は出てきます。それを無理矢理やらせるなどといった行為は厳禁です。しかし、ものすごくよそよそしくなってしまうのも逆効果です。うつ病の人はとても不安定な状態の中で生きています。ですが全ての人が同じ症状がでるわけではないので、うつ病患者には一概にこう接するべきという考えはおかしいと言えます。まず病気ではなく、その人個人と向き合いましょう。それはかなり難しいことですし、時には病気の症状のせいでひどく傷つけられたりもするかもしれません。その時にはきっちり自分も傷ついているということを伝えましょう。感情的に責め立てるのではなく、あくまで冷静に接することが大切です。そして状況をよく見るということもサポートする側に求められることです。頭に血が上っていて、自分を粗末に扱うような精神状態の時に冷静な話し合いはできません。すぐにでも話せればそれが一番ですが、そこはぐっとこらえて少しだけ距離を置きましょう。この時に失敗すると共依存の関係に陥ってしまう可能性もあるので注意です。うつ病の人は常に理解者を求めています。まだまだ根性のない人がかかる病気というイメージが強いのも事実です。しかし誰しもがかかる可能性のある病気と認識し、病気と付き合うのではなくその人個人との付き合いを大事にしましょう。配慮すべきことはたくさんありますが、接し方を不自然に変えることはありません。頑張ってと言ってはいけない、外に誘ってはいけないなどと変なルールを作ってしまうこともありません。ただ症状として疲れやすかったり、行動的ではなくなったりするのは事実なので、そのあたりは調整してあげるといいでしょう。同情しすぎるのもよくありません。確かにうつ病は大変な病気です。目に見えてどうこうということがないため、心無い対応をされてしまって症状が悪化することもあります。ですが自分の知り合いがうつ病であると知っているのならそれなりの接し方をしていけるはずです。最終目標はやはり完治というところになりますが、そこにたどり着くまではとても長い道のりになるかもしれません。発見が遅れ、長引くと完治はさらに難しいものになってしまうのも事実です。うつ病患者だと知った時、どう接していきたいか考えてみるのも大切です。