男性

接し方を知ってうつ病患者と向き合う|大切な人を傷付けない

  1. ホーム
  2. 精神的な病と向き合うには

精神的な病と向き合うには

聴診器

本当の支えになるために

身近な存在がうつ病の症状を発症した場合、その接し方一つで回復にも悪化にも影響を及ぼすとなると、周りの人もまた自分の言動に不安を覚えるのが一般的です。もし不用意な一言で症状が悪化するようなことがあったらどうしようと思ったら、やはり見守る側にも精神的負担がかかるのは当然でしょう。うつ病は、治すのに長い期間をかける必要がある病ですし、焦らずにじっくりと取り組むことが大事だと言われます。その間適切に行動し、状況を冷静に受け止めながらサポートを行っていくためには、やはり患者本人だけでなく、見守る側にも専門的な知識とバックアップ体制が必要です。治療のための良い病院を見つけるためには、まずうつ病について専門的な知識を持つプロフェッショナルな医師が揃っている病院であることが大前提です。病院であれば症状に合わせて必要な薬を処方することは可能ですが、うつ病はそれだけで治るような病気ではありません。医師が話を聞かないと不満を感じる声も少なくありませんが、本来医師は病状を診断し、薬を適切に処方するのが仕事の本分ですので、そこばかりを責めることは出来ません。うつ病の治療に必要なのは、カウンセリングなど医療とはまた少し違った回復へのプロセスです。薬に頼り切りになるのではなく、両軸として、回復と再発防止へのアプローチが出来るプロフェッショナルとの連携も非常に大切だと言えるでしょう。カウンセリングの専門家は、周囲の人がどのように病気を理解すれば良いか、どのように行動すれば良いかという接し方についてもアドバイスしてくれます。これがとても大事なことで、大切な人を心から支えてあげたいと願っていても、接し方を知らなければ逆効果になってしまう場合もあります。本人にとっての心の支えになるためには、まずは見守る側も専門家から接し方を教えてもらい、勉強する必要がありますので、それが可能な医療機関を探すことが大切です。ただ、うつ病の症状が出ていても、本人が病気を認めたくないがために病院に行きたがらないケースも少なくありません。そんな時には無理に病院を勧めず、まずは本人の意思を尊重することを最優先しましょう。見守る側にとってはとても心配ではありますが、とにかく本人の信頼を裏切らないことが重要です。あくまでも尊重する姿勢を保ちながら、時期を見て、症状が少しでも和らぐかもしれないから一緒に行こうと誘ってみると良いでしょう。本当に良い医師と巡り会えれば、主治医の顔を見るだけで、本人も見守る側も安心することが出来る信頼関係が築けます。